そらまめパパとそらまめママによる言いたい放題ブログ(自己満足(^_^;)日記)。妻との戦いの中でのゴルフ日記や初挑戦の子育て日記、趣味の何でもランキング(あくまでも主観によるもの)等々・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日から風邪気味のちびた
鼻水が止まらない状況が続き
熱も高く38度オーバーであった

月曜ババがいつもの耳鼻科に連れて行った
パパも今日は仕事が休みだったため
一緒に行くことに。。。

いつものように鼻水吸引だけのつもりだったが
中耳炎になっていて化膿しているため
そこからくる熱だろうとの医者の見立て

放っておいても治癒するだろうが
高熱が続くと髄膜炎になる危険性がといわれ
切開することに(ババの意見で・・・)

当然吸引だけでも泣き叫ぶちびたにとって切開なんて・・・
聞いたパパもビックリ

しかし周りはさぞ当然のように事が進んでいる
パパは待合室で待機していたが
ちびたの泣き叫ぶ声が聞こえる・・・

そんなに言葉がはっきりとしゃべれないはずのちびたが
振り絞るように泣いて
「痛いよ~


パパは心がえぐり取られる気持ちで
その声を聞いていた

しかししっかり治すための事だからと心に言い聞かせ
外の待合室で待っていたが
いても立ってもいられず
中の待合室に入り待つことに・・・

治療が終わり未だ泣き叫んでいるちびたを
ギューと抱きしめ
「ごめんね。ごめんね」と泣きながら謝るパパ
そのパパの頭をナデナデするちびた

その甲斐もあってかなり良くなって
午後から昼寝していた

しかし夢に出てくるのか時々うなされる場面も・・・
そして布団からはい出て
パパのところにくっつき
安心したのか、その場でグーグー

寝顔を見ながら健康であることが
どれだけ大切であるか改めて考えさせられました


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/09/30 02:33】 | 子どもと病気と病院
トラックバック(0) |

No title
saayamama
ちびたちゃんよく頑張りましたね!
うちも一度中耳炎にかかり一度すると風邪などひくとなりやすいと
聞いていたので心配しましたが
今のところまだ一度だけですんでいます^^

まだ心配はつづくでしょうね。。。
お大事にされてください☆

No title
そらまめ
v-22saayamamaさん
コメントありがとうございます。
ウチも風邪を引くたびに中耳炎の恐怖がつきまとっています。

お互いに子どもの病気には気を付けましょうねv-392

コメントを閉じる▲
昨日はパパの弟の職場の近くにある自衛隊のお祭り

ジジババパパママ勢揃いで見学に

戦車やら装甲車、ミサイルまで展示してあった

それを見たちびたは大興奮

「ドーン」「バーン」

キャッキャ言っている。
ジジも一緒になって煽っている。

その横でパパママは・・・・

なんとも言えない感じでした。

色々見学をしていると一つの資料館があり
時間もぎりぎりだったんだが中に入ることに
今日日本軍の戦車の模型やら
軍事ヘリのビデオ上映が次々と流れている

広報の隊員がパパに向かって
「色々見てきました?」
「どうでした?」と
キラキラした目でパパをのぞき込んでいる

そこでパパは
「ええ、戦車やらミサイルを見てきました。複雑な心境です・・・」
余計なことを言わなくてもよかったのだが、
何か肯定的な意見を求められているようで・・・・

パパは興奮しているちびたを見て心の中で
「この子が戦争する道具を見て
決してカッコイイと思わないようにしなければ」
「もしこの子が大きくなったら、
戦争の悲惨さ、愚かさを切々と説いてあげよう」
と強く思ったのでした。

と同時に 
その時代に生き抜いた人の事は
決して否定するのではなく
一部の人間の愚かな行動の犠牲になりながら
も精一杯生き抜いたことは
すばらしいことである事も教えたい。

10歳になったときには
(これぐらいには、いろいろ理解できるだろうと思うので)
広島や長崎、フィリピンなどに連れて行ってあげたい・・・

そしてこの世から戦争が無くなることを
祈ってやまない一日でした


追記を閉じる▲

【2008/09/24 23:52】 | イベント
トラックバック(0) |

No title
saayamama
たしかに子供さんがはしゃぐ気持もわかります^^

うちは長崎なので平和、戦争について考える機会が多いので
戦車やミサイル・・・やはり複雑な心境です^^;

戦争がない世界になってほしいものですね(^^)


No title
そらまめ
v-354saayamamaさん
単純にお祭りを楽しめばよかったのかもしれませんが、私には出来ませんでした。なら行かなきゃよかったのにと周りからの辛口コメントもいただきました(笑)


コメントを閉じる▲
最近、アレルギー体質の人が増えているらしい。
ママの職場にも化学物質アレルギーの人が入ってきて、
いろいろ面で対応が必要になってきている。

うちもちびたが卵アレルギーで、ママがアトピーや喘息などの
アレルギー体質なので、人ごとではない。

アレルギーに関しては、山あり谷ありの事件を
以前にもブログで書かせてもらったが、
今日は食品について、お話したい。

今日、マーガリンについての話が出て、
「マーガリン使ってるの?バターはだめよ」
というばあばの言葉に
パパがぽろっと
「両方使ってるよな」

以前、赤ちゃん雑誌に
「離乳食時には・・なんちゃらかんちゃらで、与えない方がいい」
と書いてあったのをウロ覚えしていたママは、
ちびたの料理する時はバターを使っていたので、
「何か雑誌に、加熱したら発ガン性物質に変化するとか
なんとか書いていたみたいですよ」
といい加減発言。

「動物性のバターより
植物性のマーガリンのほうが
体にいいのに決まっている!」

調べてみると、ママのなんちゃって発言は勘違いだったが、
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸
健康被害を与える可能性があるそうだ。

諸外国では規制する動きが出ているが、
日本では外国と比べると
トランス脂肪酸の摂取量が少ないと考えられているらしく
企業の自主的な対応に任されているらしい。

同じマーガリンでも、メーカーによっても含有量は違うらしい。
そんなこと知らないママは、つい安売りのマーガリンを買ってしまうが、
しっかり考え、選んでいかないといけないと改めて感じた。

「動物性のバターより植物性のマーガリンのほうが・・・」とは、
誰しも知っている常識だと思う。
ママの母親も、そう言えば同じ事を言っていた。

でも、実は・・・というのが一番恐いなってって思う。
健康の為って思ってしていることが、実は逆だったとしたら
今までの常識は通用しない。

マーガリンのことだって、調べてみなきゃわからなかった。
(もしかして、もう常識?知らなかったのはママだけ?)
あんまり気にしすぎると、何にも食べるものが無くなる・・
というのもわかるけどね。
でも、知っていて気をつけながら食べるのと、
いいと信じて食べるのじゃ違うと思う。

国が率先して規制してくれない日本だからこそ、
消費者一人一人がかしこく生きなきゃダメだなあ~と、
しみしみ感じたママでした





追記を閉じる▲

【2008/09/23 23:48】 | ■考える
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。