そらまめパパとそらまめママによる言いたい放題ブログ(自己満足(^_^;)日記)。妻との戦いの中でのゴルフ日記や初挑戦の子育て日記、趣味の何でもランキング(あくまでも主観によるもの)等々・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、家族の一人がいなくなりました。
ママがご飯をあげに小屋にいたときに見つけました。
慌てて二階にきて「死んでるのかも。動かない」と
パパはすぐに見に行った時にはすでに。。。
硬くなったマメダックスの体を小屋からだしました。
とても冷たく、硬く、いつもじゃれてくるのにピクリとも動かず。
二年前実家のワンコがなくなった時に、あまりにも悲しくてマメダックスには必要以上に感情を入れないようにしていました。

でもだめですね、元気だったころのマメのことが次々に思い出されます。
ちびたが生まれる一年前、ママは流産をして医者から「もう子供は産めない」と言われショックを受けていました。

ならばと、ペットショップに行き、この子を見つけてきました。

三人兄弟で2人の兄弟は真っ黒の毛並み、この子だけマーブルの毛並みをしていました。

すぐにママはこの子に決めて家に迎えました。

初めて家で飼うワンコにしつけはどうしたらいいか戦々恐々

部屋の中でおしっこをしたり、う○こはするし、無駄吠えはするし、かむし。。。

何度耳にかみついたママを見つけたか、そのたびキャインとなくマメの声を聞いていました。

パパには噛むことはなかったなぁ
おしっこをするときに片足をあげないマメが心配で本やPCを検索。。。

そんなこんなで月日が流れ、ちびたが生まれました

ママはマメが連れてきてくれたと喜んでいました
ちびたがママのおなかにいるときには鼻先をおなかにつけて話をしているようでした。

生まれてからちびたの散歩には必ず乳母車の前を歩きナイト気取り

小さな体をはって颯爽と歩いていました。
マメの亡骸を前にしていると昔の思い出が次々浮かんできます。

ちびたには伝えました。

【死】ということを教える機会になりました。

今はなきマメのためにも、ちびたには

命の尊さを教えていかなければならないと思いました。


でも。。。。。。。

つらいです。

何にも思い出を作ってあげられなかったマメに申し訳なく思います。


まめ ・・・

エル、ごめんね、そしてありがとう

あっちにはマックスもいるからね

いっぱい遊んでもらってね。
またね
バイバイ


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2016/02/29 00:03】 | ■Mマメダックスの一日
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。